ペット保険やゴルフ保険という保険もあります

カテゴリー

おすすめコンテンツ

オペレーター

海外旅行保険

海外旅行保険とは、海外旅行を行う人を対象としている保険…

相互扶助

risk

保険とは、万一の事故や病気の時に備える制度です。保険の仕組みは相互扶助の仕組みで成り立っています。
加入者一人一人が一定の保険料を支払い、共有の準備財産を作ります。そして、加入者の中に万一の事故や病気が起こった人がいれば保険金支払われるという仕組みなのです。

生命保険という仕組みが確固たる計算のもとに誕生したのは18世紀です。それまでにも保険らしきシステムは存在していましたが、合理的な計算のもとで作られたのはこれが初めてでした。それまでの保険は、年齢や既往症などに関係なく一律の保険料が設定されていたようです。その仕組みで行くと、加入者が減った時に保険の仕組みが安定しなくなります。
そのため、18世紀からはそういった要因で制度が破綻することのないよう考えられています。

その後は老後の備えや入院保障など、人々のライフスタイルに合わせて保険も進化していったのです。

必要性

money

人間は、生きているだけで事故や病気・ケガなどのリスクを抱えています。そのリスクをカバーするための仕組みが保険という制度です。
厚生労働省の調べを参考にすると、入院経験者の1日あたりの自己負担費用は平均15900円となっています。(平成20年度「病院報告の概況」を参照)
また、入院にかかる費用とは別に生活費が必要です。つまり、入院によって支出が増えるのに、入ってくる収入は増えるということです。その間は貯金を切り崩して生活していかないといけなくなる可能性があります。最悪の場合は死に至るケースもあるので、万一の時に家族に残しておくお金のことも考えないといけません。

家族に残しておくお金というのは、生活費、住宅ローンの支払い、そして教育にかかる学費などです。
そして、セカンドライフまで健康で過ごすことができたとしても、次は老後の生活費が必要になってきます。そういった人間なら誰でも抱えているであろうリスクをカバーするのが保険という仕組みなのです。

リスク

事故や病気・ケガ以外にも、リスクには様々な種類があります。具体的には、自然災害、賠償事故、自動車事故などといったものがあります。
そのため、状況によって保険の対象となるものが変わります。人、物、責任、利益など、備えておきたいリスクに対して加入するべき保険が異なるのです。

少し特殊なものでは、ペットの病気やケガにペット保険などがあります。また、ゴルフプレー中のトラブルに備えておくものもあります。

スペシャルコンテンツ

海外旅行保険

海外旅行保険とは、海外旅行を行う人を対象としている保険の事です。自動車保険やペット保険、ゴルフ保険と同様に任意保険の一種です。 海外は、日保とは違う文化や法律制度なので、常識のある行動を取っているつ…

オペレーター
pet

ペット

ペットとは、家畜としてではなく、愛玩を目的として飼育される動物のことです。日本で飼われているペットには、犬、猫…

golf

紳士

ゴルフとは、クラブと呼ばれる道具でボールを打つ球技の一種です。カップ(ホールなどと言われる穴)に、何打でボール…